ごきげんの種(仮)

機嫌のいい毎日を。たび記録、モノ記録、とらわれない生き方、全部シンプルに、を目指し。

不調の火種は小さいうちに

何事もそうですけど。

この度は、体の不調は小さいうちに対処しよう、という、またしても備忘録のような内容です。というのも、首が回らなくなったのです。文字通り、前以外向けなくなりました。痛みが伴うため、上下左右どこも向けないのですよ。普段体が自由に動くときには考えもしないくらい、首が動かせないということは、何もできません。

整体の先生いわく、首以外の部位は左右、という概念があるので、右手が捻挫したら左手、と不便なりに代用してくれる相棒がいますが、首だけは一心同体なのです。右を向こうと思うと、一見右側の筋肉が引っ張って動かしているようですが、よく観察すると、主に動作を行っているのは左側の筋肉であることに気が付きます。首の場合は、片側に負担が来ているな、と思ったら、逆側が即座にそれをかばっており負担を抱え、共倒れへの道まっしぐらなのです。

手にしても足にしても、片方が不調をきたしたらもう片方がかばって、バランスが悪くなることは同じなのですが、首はもっともろいというか、直接的に作用するようなイメージのようです。

 

自然治癒力を過信してはいけない

 

寝起きの左首の不調に気づいていながら、1カ月放置したのはわたしです。起きて30分くらいで正常に戻るから大丈夫かな、と思って放置していたのはわたしです。毎日必ず左首が痛いということは、不調が少しずつ深くなっていることに気が付くべきでした。

1日8時間以上パソコン仕事をする身としては、定期的にプロのメンテナンスを受ける以外に健康を維持する方法はないものでしょうか。少しくらいウォーキングやストレッチなどしたところで、ほぼ気休めのような気がしてなりません。完全に個々人によるので、これだけすれば大丈夫という指針はないんでしょうけどね。

 

不調は軽いうちに

不調は未病のうちに養命酒、っていうしね(?)。本当、ちょっとおかしいと思った時に見てもらっていれば、こんなに何もできない役立たずな嫁にならずに済んだんですよ。辛うじて仕事だけは苦しみながらもしているので許してください。それよりなにより、何をするにも首~肩~背中が痛いって本当に辛い。不摂生したために罰を与えられてしまった形です…

 
余談ですが

 

歯医者に行かずに虫歯を放置している友人知人が本当に多いのは、わたしの周りだけでしょうか。歯だけはだめです。刻一刻と虫歯は歯を歯茎を侵食し、歯がなくなってしまいますよ!

歯の治療に関してはいやに熱く語ると周りから笑われるんですけどね…歯だけはだめです。名医でなくてもいいので、きちんとしてくれそうな近所の歯医者さんへ行ってください。いつも暇そうな歯医者さんじゃない方がいいですよ。と、突然歯の話を始めて突然終わります。