ごきげんの種(仮)

機嫌のいい毎日を。たび記録、モノ記録、とらわれない生き方、全部シンプルに、を目指し。

きょうだいの年齢を確認して驚愕

自分の年齢は否が応でも常に認識しているので、今になって誕生日がきて、おぉっ年取ったなぁ、と思うことはあまりないのですが。

きょうだいの年を再確認してショックを受けること、ありませんか。

 

あんなにかわいかったあの子が…

 

弟がいます。異性のきょうだいとしては比較的仲がよく、うれしい限りです。先に言っておくと、いつだってその存在自体とても愛おしく、かわいらしいものあることに変わりはありません。きっと彼がおじいさんになって、わたしがおばあさんになっても、ずっとそうなのだと思います。

そんな愛おしい彼が先日誕生日を迎え、その年齢を認識した時の、あの感じ。下のきょうだいなので、生まれた時から知っているし、仲良く遊んだ時期も、あの重たい鉛筆削りを投げつけられ、顔を傷モノにされたことも(今考えてもひどい)、反抗期も、大体を見てきていて。そして今、曲がりなりに彼も大人になり…

あのかわいかったあの子が、もうこんな年!?

 

というのを、実は毎年やってます

 

そして母親と、

あの子も、もうこんな年になって…

と、毎年必ず電話で話します。姉ですらこうなので、親心というのは、子無しのわたしには想像できないほどなのでしょう、察するに。

この会話を、親元離れて10何年、10数回続けていることさえ、不変ではないのかもしれないなと近年は感じることもしばしば。親子共々元気で、大きな問題もなく順調に年を重ねているからこそと、有難いと感じます。こういうの、年取ったっていうの?